台北ミシュランガイド発行前 ビブグルマン36店に夜市も

 

フランス・ミシュラン社が飲食店を格付けする「台北ミシュランガイド2018年版」発行を前に、3月6日(火)、コスパのよい店を評価する「ビブグルマン」獲得店リストを公開した。

リストに掲載されているのは台北市内の全36店。點水樓や鼎泰豐など著名店や、1971年創業の「茂園」や台湾家庭料理の「美麗餐廳」、現在は二代目が自家レシピを守り続ける「My灶」など小規模の店のほか、饒河夜市、南機場夜市、寧夏夜市、臨江街夜市、士林夜市夜市からも排骨や胡椒餅など10店が含まれる。台北2018年版は3月14日(水)に発行。

またアメリカ・フォーブス社が6日(火)、今年で32回目となる世界長者番付を発表。台湾からは鴻海精密工業会長・郭台銘が85億ドル(約2504億元)で181位に入った。総合1位はamazon創業者のジェフ・ベゾスで1120億ドル。

(3月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP