台中市長、空気を瓶詰め 就任式で市民に贈呈

台中市長・盧秀燕氏は12月25日(火)、自身の就任式に際し、同市山間の温泉地・谷關の空気を詰めた瓶1万本を市民に贈呈した。
盧氏はこの席上で、今後4年間で大気汚染の改善を行うことを宣言。瓶は1本当たり約30元で、氏は30万元を自己負担。谷關の山間部で空気を瓶に詰め、就任式に臨んだとみられる。
このニュースを受け、ネットユーザーらは「信じがたい」、「突拍子もない」などのコメントを投稿。さらに便乗して「〇〇の空気」と書いた瓶を投稿する悪ふざけを展開した。自由時報や民視、NOWニュースなど各メディアもこれに続いた。
(12月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP