台中の大安媽祖公園 媽祖像の台座のみ建設

台中市政府が北西部の「大安媽祖園区」に媽祖の台座を建設、来年にも運営を始めるとして近頃業者の招致に着手したことがわかった。
同市観光旅游局によると、媽祖の台座は市政府が5年の時間と予算6億2900万元を投じて建設。しかしながら台座の上に肝心の「媽祖像」はなく、市議会の定例会でも「媽祖像建設予算は創出できない」との結論に至った。市議会議員の中には「このままでは運営に名乗りを上げる企業も出てこず、廃墟(蚊子館)と化してしまうのでは」と危惧する声もある。
市政府では台湾媽祖聯誼会と交渉し、民間から石材の提供などを募る方針で検討しているという。
(6月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP