卵から殺虫成分を検出 彰化縣の養鶏所3カ所で

 

台湾の彰化縣にある養鶏場で、8月22日(火)、生産された鶏卵から殺虫剤成分「フィプロニル」が見つかったことがわかった。

フィプロニルはゴキブリやダニの駆除に使われる殺虫成分。7月にヨーロッパと韓国で生産された鶏卵の汚染が判明、香港を合わせた17カ国で出荷を停止、汚染卵100万個が回収され100カ所以上の養鶏場が封鎖されている。

行政院農業委員会はこれを受け、国内の検査を実施、彰化縣の3つの養鶏場で基準値を上回る同成分が見つかった。追って流通ルートなどを確認し、汚染卵は堆肥に転用される。

(8月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP