南西部の汚染悪化 公共交通を無償化

 

高雄市政府は大気汚染対策の一環で12月1日(金)~2018年2月28日(水)の3カ月間、公共交通の乗車賃を無償措置を実施することを明らかにした。

高雄市政府環境保護局によると、南西部では秋冬季の大気汚染が深刻化。公共交通の無償化に関し、バスやライトレール(環状軽軌)は全時間帯、MRTは平日の6時半~8時半、16時半~18時半のラッシュアワーのみ実施。バイクや車での通勤者にも公共交通を利用してもらう目的。

同局長は今回の措置に対し、二酸化炭素1万6000tの排出量削減を見込んでおり、2億1000万元の予算を大気汚染基金から当てると話している。

(11月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP