南投でバスブレーキ故障事故 車外に放り出され1人死亡

 

南投縣仁愛郷にて10月24日(火)、乗客23人を乗せた中型バスが路肩の木に衝突し1人が死亡、4人が重傷、19人が軽傷を負う事故があった。

バスは台南市からのツアー客23人を乗せ、同縣の観光地「清境農場」を訪れた後、次の目的地へ向かう途中だった。ドライバーの男性によると事故当時、山岳道を走行中に突然ブレーキが利かなくなり、路肩の標識と木に衝突したという。

衝突の衝撃で座席シートが外れ、ツアーを率いていた男性が車外に放り出されバスの下敷きになり、出血性ショックで死亡。乗客及びドライバーも骨折や頭や顔を打つなどけがを負った。

乗客らによると、バスは事故前にも急激に大きく揺れるなど異常がみられたという。

また今年3月、基隆市七堵区にて走行中の路線バスのドアが開き乗客の15歳女性が転落、後続車に轢かれ死亡した事故に関し、「基隆市政府交通旅遊處」は25日(水)、ドアが閉まらない状態での走行は公路法違反で9000~9万元の罰金に該当すると話した。

(10月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP