医療・美容系広告の露出 セクシーすぎて違法?

 

医療・美容広告に使われる写真に関し、近頃性的にエスカレートしているとして物議を醸している。

現行の広告法では、人物をモデルとして使用する場合、過度な露出などを避けるとの規定が盛り込まれている。一方昨今の医療・美容広告は露出が激化しており、これまで規制を受けてきた他業界及び警察は法に抵触する可能性を示唆。

台北市内のビル外壁に掲示された美容クリニックの広告では、ビキニ姿と露出度の高い女性の写真を使用。また胸部を卑猥に表現する文言がコピーとして書かれており、歩行者はユーモアがあると肯定的に受け止める意見とともに、掲示する場所を選ぶ必要があるとの声も聞かれる。

(10月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP