北京の違法地下住居 1週後に完全撤去

北京市東城区にある高級マンション「聚龍花園」7号棟地下空間にて6月26日(月)、非合法に設営された居住スペースの実地調査が行われた。

調査は所轄の東直門街道辦事処、消防、安全生産監督管理局が記者を帯同して実施。居住者数は100人以上にのぼると見られるが、視察当時は荷物を残し姿を消していた。

同区関連機関職員によると、以前の賃貸契約が満了した後に更新されないまま、借用者が住居に改造。借用者は1週間以内の撤去に同意した。

北京では物件価格の高騰から、地下で違法に暮らす〝地鼠族〟と呼ばれる人々が潜在、市政府は2015年に大規模な立ち退き作業を行っている。

(6月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP