北京の違法地下住居 1週後に完全撤去

北京市東城区にある高級マンション「聚龍花園」7号棟地下空間にて6月26日(月)、非合法に設営された居住スペースの実地調査が行われた。

調査は所轄の東直門街道辦事処、消防、安全生産監督管理局が記者を帯同して実施。居住者数は100人以上にのぼると見られるが、視察当時は荷物を残し姿を消していた。

同区関連機関職員によると、以前の賃貸契約が満了した後に更新されないまま、借用者が住居に改造。借用者は1週間以内の撤去に同意した。

北京では物件価格の高騰から、地下で違法に暮らす〝地鼠族〟と呼ばれる人々が潜在、市政府は2015年に大規模な立ち退き作業を行っている。

(6月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP