動画に釘付けの2歳児 タブレット手に迷子

高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ、道に迷った末警察官に保護されるという出来事があった。
女児を保護した警察官によると、女児は動画を見たまま自宅を出、途中で道に迷ったことに気がつき路上で泣いていたという。泣きながらも女児はタブレットを放さず、両目は画面に釘付け状態。言葉もうまく話せなかったため、警察官はタブレット上のアプリで女児の母親に連絡した。
母親が派出所から連れて帰る際も、女児はタブレットから目を離さなかったという。
(7月9日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP