労基法改正案可決 32時間の協議経て

 

台湾立法院は1月10日(水)、労働基準法改正案に関する10時間にも及ぶ協議と22時間の意見発表・投票を経て可決したことを明らかにした。

改正案では週休2日、残業総時間数、残業費の計算比率は変更なし。4時間未満の休日出勤を4時間とみなし、8時間未満を8時間で計算していたが今後は実際の時間に基づいて計算。残業は毎月46時間までだったところを3カ月で138時間、1カ月当たり54時間内で要調整とした。また輸送関連業務に関し、シフト勤務のインターバルが11時間から8時間に縮められた。

今回は野党や労働団体の反対が激しく、現政権に対する批判も集中した。新改正案は3月1日(木)より施行される。

(1月10日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP