労基法改正案で混乱状態 高雄の労働組合がデモ計画

 

労働基準法の改正案草案完成に関し、台湾では様々な議論を呼んでいる。蔡英文総統は12月6日(水)、労働者の過労状態を根絶すると明言した。

労基法が成立して今年で33年。蔡総統はこの改訂が非常に困難であることに言及したうえで、多様な産業形態の調整が必要と話した。最も重要なのは労働者の保護であり、労働時間の正常化及び週休2日、残業時間の上限、またその計算法の4点は変更しないとした。

4日(月)に行われた労基法改正草案審議会では、出席した各委員が発言時間の超過や立て続けの発言をするなど混乱し、会議の延期が提案されると表決委員会が反論するなどの光景が見られた。

審議後、高雄市の労働組合は10日(日)に市内にてデモ行進を行うことを発表。これに対し台北市労働局長・賴香伶は「自分も休暇を取って参加したい」と発言した。台北市長・柯文哲は、これからの1カ月は政党の協議が行われるため、その間に社会の議論が高まれば労基法の再修正もあると話している。

(12月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP