列車事故で親類8人失う 遺族のレストランで出火

昨年10月の特急列車「普悠瑪號」による脱線事故で8人の親類を失った遺族が経営するレストランで、8月26日(月)夜、火災が発生。けが人などは出なかった。
レストランは台東縣成功鎮和平路の海鮮料理を提供する「雲海餐廰」。かつての経営者一族17人が昨年10月、娘の結婚式に参列した帰り「普悠瑪號」の事故に遭遇し、うち8人が帰らぬ人となった。同レストランは事故のためしばらく休業としていたが、今年の春節頃から遺族の男女が経営を引き継ぎ営業を再開。
火は1階倉庫から出たもので、変電設備がショートしたことが原因とみられ、約100㍍を焼き1時間後に消し止められた。
(8月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP