公衆トイレ改修工事 7年で5000カ所

台湾行政院環境保護署は6月23日(金)、今後7年間で40億元を投じ、各縣市政府所轄の公衆トイレ5000カ所を改修、トイレットペーパーを便器に流せるようにすると発表した。

台北市では、8月に国際総合競技大会・ユニバーシアード開催を控えており、海外からの旅行客増加が見込まれる。同署によると、まず1000万元の予算で交通関連施設及び観光エリアから開始するという。

(6月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

分類

ピックアップ記事

  1. おもてなし感バツグン女子にうれしいサロン久しぶりにまつげエクステしたいなぁ、駅近…
  2. ローマ発の本格派名前の由来はローマの下町、トラステヴェレ地区。同店はローマに本店を持つ198…
  3. 1 「使いやすいパスポート」ランキング 日本1位、台湾29位2 宜蘭で4…
PAGE TOP