公衆トイレ改修工事 7年で5000カ所

台湾行政院環境保護署は6月23日(金)、今後7年間で40億元を投じ、各縣市政府所轄の公衆トイレ5000カ所を改修、トイレットペーパーを便器に流せるようにすると発表した。

台北市では、8月に国際総合競技大会・ユニバーシアード開催を控えており、海外からの旅行客増加が見込まれる。同署によると、まず1000万元の予算で交通関連施設及び観光エリアから開始するという。

(6月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP