公衆トイレで盗撮 紙コップにカメラ発見

 

新竹市にある公衆トイレにて6月18日(日)、隠しカメラが設置されているのが発見された。

トイレを利用した女性によると、女子トイレの個室内に置かれた紙コップに空いた穴から赤いライトが見えたという。女性は蓋を開けカメラを発見、直ちに通報した。カメラはこの10分ほど前に設置され、盗撮は成功していなかった。

警察によると、紙コップには多くの人の指紋が付いており、犯人の特定は困難だという。

(6月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義縣民雄郷のパイナップル農園で、9月9日(土)、20歳代のカップルがカーナビの…
  2. アメリカ・Google社は9月7日(木)、同社のクラウドサービス「Google …
  3. 台湾南部高雄市で9月11日(月)深夜、国道1号線を走行する高速バスがガードレール…
PAGE TOP