先住民族の最高地位の証 羽根飾り取られ訴える

台湾の先住民であるパイワン族の女性が、公然侮辱罪で同族長の孫を訴えていた件で、屏東地方法院は6月18日(火)、族長の孫の行為は侮辱罪に当たらないとして無罪を言い渡した。
原告女性はパイワン族の収穫祭の式典に際し、3本の鷲の羽根を使った装飾を頭に施していた。しかしながらこれは最高位の人物でることを表すものであり、原告が身に着けるのは不適切だとして被告が見咎め、注意を促したものの原告が受け入れなかったため強硬手段に出たという。
同法院は先住民の伝統文化や風習を主張する被告の言動には矛盾がないとして、原告の訴えを取り下げた。
(6月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP