元カノの〝爆買い〟 2カ月で815万元

ライブ配信アプリ「イチナナ(17直播)」の創業者の1人である陳泰元氏が、かつて交際していた女性に渡したクレジットカードで、2カ月の間に815万元を消費されるという出来事があった。
陳氏は当初、自ら所有するアメリカン・エキスプレスのブラックカードが盗用されたと通報。しかし台北地方検察署の調査で、カードの使用者が同女性だったこと、また陳氏自ら女性にカードを渡していたことが判明し、女性は不起訴となった。
カードの消費記録によると、女性は101や微風広場のブランドショップにてシャネルやエルメスなど高級品を購入、1日で155万元を消費するなどしていた。
(11月21日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP