伊藤忠、101筆頭株主に グリーン電力化へ投資も

 

台湾経済部によると、日本の商社「伊藤忠商事」は、台北の高層ビル「台北101」を運営する「頂新集団」が所有する同ビルの株式37.2%を196億元で購入。同ビルの筆頭株主となった。

また伊藤忠は中国の大手食品「康師傅控股有限公司」の持ち株17.8%を150億元で頂新集団に売却、伊藤忠と康師傅の10年に渡る提携関係に終止符が打たれる。国内メディアの報道によると、伊藤忠は前行政院長・林全の任期中から台北101への投資計画を進めており、さらに台湾政府が推進するグリーン電力化への投資も検討。

伊藤忠によると、同社は長年の不動産投資経験に基づき、康師傅の株式を新頂に売却することで台北101の不動産収益の安定化を図るという。業界関係者は、2014年に頂新が保有する台北金融大樓の株式をマレーシアの「IOI集団」に売却する件が頓挫し、大きく傾いた経営を立て直す機会になると話ている。

(2月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP