人命救助の消防スタッフ 制服未着用で処分される

 

澎湖の望安島にて6月9日(土)、1人の男性が海で溺れ、救助に当たった消防員が私服だったことで処罰されたことがわかった。

同日、現場を通りかかった同消防員はすぐに男性を救助。後にその状況の報道を見た長官が、同消防員が制服を未着用であったことを指摘、処罰するべきとした。同消防員はこれを不服としFacebook上で「服装規定は知っているが、人命救助は1秒を争う」、「処分したいなら勝手にしろ」とコメントしたところ、同長官もコメントを発見し「(処分を)待っていろ」、「言葉に気をつけろ」と叱責した。

(6月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP