人命救助の消防スタッフ 制服未着用で処分される

 

澎湖の望安島にて6月9日(土)、1人の男性が海で溺れ、救助に当たった消防員が私服だったことで処罰されたことがわかった。

同日、現場を通りかかった同消防員はすぐに男性を救助。後にその状況の報道を見た長官が、同消防員が制服を未着用であったことを指摘、処罰するべきとした。同消防員はこれを不服としFacebook上で「服装規定は知っているが、人命救助は1秒を争う」、「処分したいなら勝手にしろ」とコメントしたところ、同長官もコメントを発見し「(処分を)待っていろ」、「言葉に気をつけろ」と叱責した。

(6月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP