人命救助の消防スタッフ 制服未着用で処分される

 

澎湖の望安島にて6月9日(土)、1人の男性が海で溺れ、救助に当たった消防員が私服だったことで処罰されたことがわかった。

同日、現場を通りかかった同消防員はすぐに男性を救助。後にその状況の報道を見た長官が、同消防員が制服を未着用であったことを指摘、処罰するべきとした。同消防員はこれを不服としFacebook上で「服装規定は知っているが、人命救助は1秒を争う」、「処分したいなら勝手にしろ」とコメントしたところ、同長官もコメントを発見し「(処分を)待っていろ」、「言葉に気をつけろ」と叱責した。

(6月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP