京華城の国際競売説明会 投資家に積極的参加呼びかけ

台北市松山区のショッピングモール「京華城購物中心」の国際競争入札に関する説明会が、8月16日(木)「ル・メリディアン台北」にて行われた。

同説明会は各メディア関係者らを招聘し、国内外の投資家に同モールの競売への参加を呼びかけるもの。競売に関する一切を取り仕切る不動産業「戴德梁行」董事総経理・顔炳立氏はこの席上で、永久的な土地所有権の取得、台北市内では最大となる1万6485㎡の土地面積を誇ること、東区商業エリアの将来的な拡大の可能性などを注目すべき点として挙げた。

入札伝票は10月18日(木)まで、2万2000元にて販売、開札は12月12日(水)14時を予定している。

(8月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP