京華城の国際競売説明会 投資家に積極的参加呼びかけ

台北市松山区のショッピングモール「京華城購物中心」の国際競争入札に関する説明会が、8月16日(木)「ル・メリディアン台北」にて行われた。

同説明会は各メディア関係者らを招聘し、国内外の投資家に同モールの競売への参加を呼びかけるもの。競売に関する一切を取り仕切る不動産業「戴德梁行」董事総経理・顔炳立氏はこの席上で、永久的な土地所有権の取得、台北市内では最大となる1万6485㎡の土地面積を誇ること、東区商業エリアの将来的な拡大の可能性などを注目すべき点として挙げた。

入札伝票は10月18日(木)まで、2万2000元にて販売、開札は12月12日(水)14時を予定している。

(8月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP