交通違反の通報 実名制を採用へ

交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日(火)より通報者に実名及び身分証の提出を義務付けることを取り決めた。
交通部の統計によると、昨年の通報検挙数は169万件に及ぶ。中でも違法駐車が全体の6割を占めるが、一部は報復や嫌がらせ目的の通報もあり、中には1台に対し30回の通報もあったという。
(12月2日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  2. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  3. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
PAGE TOP