交通規定違反を撤回 臨機応変な対応

桃園市内で6月26日(水)、二重白線を越え進路転換をしたとして交通法違反で処罰された男性が、裁判官により免責に当たるとして処罰が撤回されるという出来事があった。
男性は同日市内国際路を走行中、左端の車線で渋滞に遭遇。ところが右側の車線が空いたため二重白線を越えて車線を変更した。
裁判官は、救急車の通過時に赤信号無視など臨機応変な対応の一環と説明している。
(6月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP