中華電信貸し倒れ

台中地方検察署は2月18日(月)、大手キャリア「中華電信」の5営業所にて架空取引による帳簿記載内容の改ざん及び4億3000元の貸し倒れがあることを公表。

投資など架空取引があったのは台中、台北、新北、基隆、苗栗の5拠点。帳簿操作には台中前営業所長・陳中光と基隆前営業所長・葉戴燦が自ら指揮を執って加わっており、検察は詐欺などの罪で2人のほか、同社員など関係者24人を起訴した。

(2月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP