中秋節BBQ食品検査 練り物など不合格

10月4日(水)の中秋節を前に、南投縣政府衛生局は近頃、食品の衛生安全調査を実施。縣内の市場やスーパー、量販店で販売する「BBQ関連食材」を対象に抜き取り検査を行ったところ、「黒輪(練り物)」と野菜各2件が不合格となった。

不合格の食品はいずれも縣外業者が取り扱っており、該当地域の衛生局に追跡調査を依頼。防腐剤や農薬の残留が見つかった。

(9月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
  2. 懐かしい和風洋食の味林森北路5條に今年3月オープンした焼鳥バル「紀どり」。居酒屋風の外観に反…
  3. 1 「罰金18万元」聞いた41歳男性がショック死 2 高雄で老人に強酸浴…
PAGE TOP