世界エイズデー 医療機関4件増設

 

「世界エイズデー」である12月1日(金)、衛生福利部疾病管理署は今年10月までのエイズ感染者累計数を発表。台湾にはこれまで3万5000人が感染したことがわかった。

亡くなった患者を除く生存者数は2万9000人。また感染者のうち6~10%がいまだ医療機関にかかっていないとみられる。

同署では医療技術の進歩を挙げ、発症前・発症後ともに投薬などによる治療でエイズウイルスの感染力を0に近い状態まで抑えられると指摘。また来年にもエイズ感染者の治療指定医療機関を4カ所増設し、全17カ所で臨むとしている。

なおWHOのデータによると、全世界における感染者数は3670万人。

(12月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
  2. 台北市内で4月10日(水)、「ミシュランガイド2019」台北版の発表会と受賞式が行われ、唯一の3…
  3. 台北地方検察署と海巡署の合同捜査班は4月9日(火)、中国にて偽造された日本の旧紙幣を密輸し転売し…
PAGE TOP