世界エイズデー 医療機関4件増設

 

「世界エイズデー」である12月1日(金)、衛生福利部疾病管理署は今年10月までのエイズ感染者累計数を発表。台湾にはこれまで3万5000人が感染したことがわかった。

亡くなった患者を除く生存者数は2万9000人。また感染者のうち6~10%がいまだ医療機関にかかっていないとみられる。

同署では医療技術の進歩を挙げ、発症前・発症後ともに投薬などによる治療でエイズウイルスの感染力を0に近い状態まで抑えられると指摘。また来年にもエイズ感染者の治療指定医療機関を4カ所増設し、全17カ所で臨むとしている。

なおWHOのデータによると、全世界における感染者数は3670万人。

(12月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP