世界で暮らしやすい都市 大阪3位、台北58位に

イギリスの媒体「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」は8月14日(火)、「世界で最も暮らしやすい都市」の2018年版番付を発表。オーストリアのウィーンが1位の座を獲得した。台北市は昨年より2ランクアップの58位だった。

同ランキングは世界140都市を対象に、生活水準や犯罪発生率、交通インフラ、教育機会、医療、政治・経済の安定度などを100点満点で集計したもの。ウィーンは99.1点を取得し、7年間首位を守ってきたオーストラリアのメルボルンを抜いた。

また日本からは大阪市が3位に、東京がカナダのトロントと同点で7位にランクイン。

(8月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP