世界で暮らしやすい都市 大阪3位、台北58位に

イギリスの媒体「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」は8月14日(火)、「世界で最も暮らしやすい都市」の2018年版番付を発表。オーストリアのウィーンが1位の座を獲得した。台北市は昨年より2ランクアップの58位だった。

同ランキングは世界140都市を対象に、生活水準や犯罪発生率、交通インフラ、教育機会、医療、政治・経済の安定度などを100点満点で集計したもの。ウィーンは99.1点を取得し、7年間首位を守ってきたオーストラリアのメルボルンを抜いた。

また日本からは大阪市が3位に、東京がカナダのトロントと同点で7位にランクイン。

(8月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP