世界で暮らしやすい都市 大阪3位、台北58位に

イギリスの媒体「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」は8月14日(火)、「世界で最も暮らしやすい都市」の2018年版番付を発表。オーストリアのウィーンが1位の座を獲得した。台北市は昨年より2ランクアップの58位だった。

同ランキングは世界140都市を対象に、生活水準や犯罪発生率、交通インフラ、教育機会、医療、政治・経済の安定度などを100点満点で集計したもの。ウィーンは99.1点を取得し、7年間首位を守ってきたオーストラリアのメルボルンを抜いた。

また日本からは大阪市が3位に、東京がカナダのトロントと同点で7位にランクイン。

(8月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP