不幸な身の上を詐称 騙された人々憤る

台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。

女性はこれまで周囲に対し、夫も姑も病気で床に着き長男は死亡、次男は事故で負傷し、一家6人を養っていると話し、メディアで紹介されると商いが好転した。しかし姑は20数年前に他界、夫も息子たちも元気に働いていることが映像付きで暴露され、女性に協力的だった人々から批判が集中している。

 

(9月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP