不幸な身の上を詐称 騙された人々憤る

台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。

女性はこれまで周囲に対し、夫も姑も病気で床に着き長男は死亡、次男は事故で負傷し、一家6人を養っていると話し、メディアで紹介されると商いが好転した。しかし姑は20数年前に他界、夫も息子たちも元気に働いていることが映像付きで暴露され、女性に協力的だった人々から批判が集中している。

 

(9月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP