不幸な身の上を詐称 騙された人々憤る

台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。

女性はこれまで周囲に対し、夫も姑も病気で床に着き長男は死亡、次男は事故で負傷し、一家6人を養っていると話し、メディアで紹介されると商いが好転した。しかし姑は20数年前に他界、夫も息子たちも元気に働いていることが映像付きで暴露され、女性に協力的だった人々から批判が集中している。

(9月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 嘉義縣の呉鳳科技大学餐旅管理科3年の女子学生2人が、近頃韓国の釜山で行われた「韓国国際技能人コン…
  2. 台中市中区のアパートで母子3人の遺体が見つかった件で、検察は11月11日(月)、被害者3人の解剖…
  3. 握りたてを心ゆくまで賑やかな大安駅から静かな住宅街を歩くこと10分。徳安公園前の「秋料理四維…
PAGE TOP