レンタサイクルoBike 迷惑駐輪で行政が撤去措置

 

レンタサイクル「o Bike」がサービスを拡大させる一方、迷惑駐輪などの被害が目立ち、新北市政府は7月11日(火)までに、MRT駅付近などバイク駐輪スペースへの駐輪を禁止とし、違法駐輪車1719台を撤去した。

同サービスは今年4月より台北、新北、台東、花蓮、宜蘭、高雄など徐々に展開。ここ数年人気の「You Bike」に比べ専用のスタンドに駐輪する必要がなく、携帯アプリで貸出・返却ができる利便性を評価され、利用者数は鰻登りに上昇している。

しかしながら〝どこでも返却可〟が裏目に出、バイク用の駐輪スペースや路上への放置、業者の回収が追いつかない状況が多発。新北市では7日(金)の調査で違法駐輪車329台を撤去した。なおこの329台は20日以内に撤去及び保管量108元を支払ったうえで引き取りが必要。3カ月以内に引き取らない場合は転売するとしている。

(7月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP