レシート当選換金アプリ コンビニ・銀行連携へ

 

財政部は3月14日(水)、「統一發票」の公式当選・換金アプリを来年にもリリースすることを発表した。

このアプリはスーパーや金融機関と連動し、24時間対応。端末にインストールした後、金融機関口座を登録すると当選金が直接口座に振り込まれる。連携する金融機関は現時点で第一銀行、彰化銀行、農業金庫、農漁會信合社などで、スーパーは美廉社、全聯のほかコンビニなど計1万2968カ所。スーパー・コンビニは1000元以下に限る。スーパーは23時~9時の夜間対応は行わない。

郵便局では換金業務による収入がなく、当選データの管理や換金手続きのデジタル化も困難であるとして、業務移行が望まれてきた。

(3月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP