リードなし散歩のペット 半年間で違反30人に

台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼることを明らかにした。
台北市では動物保護自治条例により、ペットが路上や公園など公共の場所を散歩する際のリードの着用を義務付けている。年間約450件の違反報告を受け同署では8人のスタッフを配置、違反者を摘発。罰金額は最高で1万元で、今年上半期の罰金額は計14万元にのぼった。
(8月7日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP