マンゴーで酒気帯び 台東の男性3袋で摘発

台東に住む男性が、近頃バイクを運転しながらドライマンゴーを食べていたところ、呼気から規定値を超えるアルコールが検出されるという出来事があった。
男性はバイクで市内を移動中、交通法規に違反しUターンするバイクと接触しかけるという状況が発生。事故には至らなかったものの、警察に通報し現場処理をしていた際、双方のアルコール検査で男性の呼気1㍑当たり0・16㍉グラムのアルコールが検出され、酒気帯び運転と判断された。男性は飲酒していないとして抗議したが、マンゴー自体からも微量のアルコールが検出され、大量に食べたことで規定値を超えたものとみられる。
(12月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP