マクドナルド値上げ 基本給増政策受け

 

台湾マクドナルドは1月24日(水)より、バリューセット、ハッシュドポテト及びフライドチキンなどサイドメニュー12品の価格と、デリバリーサービス費の値上げを発表した。

マクドナルドやモスバーガー、ケンタッキーなどファストフードチェーンでは、1月1日(月)より政府の労働政策に足並みを揃え、基本給をアップ。これに合わせマクドナルドはメインと合わせる「Aセット」と「Bセット」を46元から50元、「ハッシュドポテト」の単品価格を30元から32元に、アップルパイやフライドポテト、サンデー類も2~3元、4~6.66%値上げすることを決めた。そのほかデリバリーサービスも35元から39元へ変更。

(1月25日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 鮮度のいい鶏を頑固にオークラホテル裏手の「頑・居酒屋」は、日本の焼鳥屋での修行を含め、この道…
  2. 日本の事故物件紹介サイト「大島てる」に台湾の物件9件が登録されていることがわかり、ネット上で注目を集…
  3. 中南部立法委員会は近頃、タバコの価格に対する市民の不満を受け、問題の解決に当たる方針を示した。…
PAGE TOP