ポケモンGOイベント盛況 観光収入予想4倍の15億元

台南市にて11月1日(木)~5日(月)、日本のスマホゲーム「ポケモンGO」のユーザー向け公式イベント「Pokémon GO Safari Zone in Taiwan 」が開催され、参加者数はのべ1001万人を記録した。
台南市政府はこのイベントに際し、会場設営や送迎車の手配、スタッフの人件費などで360万元を投入。一方で台湾、日本や韓国などアジア地域のほかアメリカやオーストラリアなどから渡台した同ゲームファンによる現地消費額は15億元にのぼり、当初の予想を4倍ほど上回った。
同イベントは全世界で4回開催されており、今回の参加者数は日本の横浜に次いで2位。台湾では普段は遭遇できない「ジーランス」や「アンノーン」といったレアキャラクターが出現し、中には複数台のスマホを用意して臨む参加者の姿も見られた。

(11月7日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP