ホテルで少女の遺体 男4人とチェックイン

台中市豊原区のホテルの一室で7月14日(日)、17歳少女が遺体で発見された。少女は全裸の状態で、警察はともにチェックインした4人の男の身柄を押さえ、死因について調べている。
少女の母親はベトナム籍の移民で、少女は独立するためカラオケ店などで接客する〝伝播妹〟として働いていた。自宅のある台南から11日(木)に台中へ移動、14日(日)に男らとホテルを訪れた。同日午後男らはホテルを出たが夕方になってもチェックアウトされないため、スタッフが部屋を訪れたところ遺体を発見。ドラッグなどは見つかっていないという。
警察は男らを遺体遺棄罪で拘束しているが、証拠不足で起訴の可否については不明。
(7月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP