フランス製粉ミルクの汚染 サルモネラ菌検出で回収へ

 

フランスの大手乳製品企業「Lactalisラクタリス」は12月11日(月)、同社の生産する粉ミルクにサルモネラ菌汚染の疑いがあるとして、台湾を含む輸出先の諸外国へ製品回収を緊急指示した。

台湾衛生福利部食品薬物管理署によると、友華生技、端強實業、佳格食品の3社を通じラクタリス社製粉ミルク「Milumel」、「Celi」など8品を輸入、すでに6万缶を出荷。同署は同日12時時点で3社に対し出荷先からの回収を命じており、期限内に回収できない場合は関連法令に則り3万〜300万元の罰金が科される。

フランスでは同社製品を原因とした子どもの病気が26件報告されているが、現在外国への出荷分からは見つかっていない。同署は、サルモネラ菌は自然界に存在するものであり、煮沸することで死滅するため十分な加熱を呼びかけている。

(12月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP