ピカチュウ初日興収1千万 今年イチヒット作なるか

現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾における興行収入が986万元を記録した。
台北市における興収は325万元。台北24館、金門、澎湖を含む全102館にて上映されており、平日夜や週末は深夜を除く時間帯のチケットはすべて売り切れているという。
また一方、マーベルの最新作「アベンジャーズ エンドゲーム」は公開からわずか5日間で約7億元を売り上げトップ。チケット総売上枚数は約267万枚。今年一番のヒット作がいずれかになるとして業界の注目を集めている。
(5月13日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP