ビビアン父感染症で死す 肝移植後、家族に看取られ

 

台湾の女優/歌手のビビアン・スーの父親が1月1日(月)、肝臓移植後の合併症で亡くなったことがわかった。64歳だった。

父親はC型肝炎による肝硬変を患っており、2009年に病状が悪化したため中国天津市の病院で肝臓移植手術を受けた。その後長年免疫抑制剤を使用していたことで抵抗力が落ち、風邪をはじめとする感染症にかかりやすくなっていたという。

ビビアンは幼少時から親元を離れ芸能界に入ったが、父親の関係は良好で手術費を含む一切の治療費をビビアンが負担。最期は台大病院にて付き添い看取ったという。

(1月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP