バンド蘇打緑の解散説が浮上 メンバーとマネージャー否認

 

台湾のバンド「ソーダグリーン(蘇打緑)」が昨年から3年間に渡り活動を休止している中、近頃解散が噂されファンらの間に動揺が広がっている。

ボーカルの青峰はソロアルバムの発表を控えており、レコード会社の多数が彼と単独契約を切望しているなどの噂も囁かれる。またギタリストの阿福がアートスペースを、ドラマーの小威は写真展を開催するなど個々の活動が解散説に拍車をかけている。

同バンドのマネージャーは真っ先に否定、青峰も二度に渡り「心配いらない、メンバーはみんな元気」、「(解散は)すでに否定した」などと発言した。

(3月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 新北市深坑区の賃貸アパートにて6月18日(火)、台湾のタレント・江明学の遺体が発見された。警察の…
  2. 台湾交通部は6月18日(火)、配車サービス「Uber」のドライバーに対し、初回の「タクシー運転士…
  3. 中国の四川省で6月17日(月)にマグニチュード6.0規模の地震発生により台湾のプレートへの影響を…
PAGE TOP