バンド蘇打緑の解散説が浮上 メンバーとマネージャー否認

 

台湾のバンド「ソーダグリーン(蘇打緑)」が昨年から3年間に渡り活動を休止している中、近頃解散が噂されファンらの間に動揺が広がっている。

ボーカルの青峰はソロアルバムの発表を控えており、レコード会社の多数が彼と単独契約を切望しているなどの噂も囁かれる。またギタリストの阿福がアートスペースを、ドラマーの小威は写真展を開催するなど個々の活動が解散説に拍車をかけている。

同バンドのマネージャーは真っ先に否定、青峰も二度に渡り「心配いらない、メンバーはみんな元気」、「(解散は)すでに否定した」などと発言した。

(3月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  2. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
  3. 屏東縣警察局恆春分局は8月5日(月)夜、満州郷にて周辺一帯の民家に忍び込み食糧などの盗みを繰り返…
PAGE TOP