ネットでの虚偽投稿 愉快犯2人を処罰

近頃ネット上で虚偽の情報を流布したとして、台中市と台北市に住む男がそれぞれ処罰された。

台中市では30歳代の男が「この地区にデング熱で死んだ人がいる」とネット上に書き込んだ。警察は9月10日(月)、男が住民らの恐怖を煽り不安を拡大させたとして、伝染病予防法違反の罪で送検、最高で50万元の罰金が科されることがわかった。

一方台北市では、59歳の男が先日南部で大雨が降った際「彰化縣員林で浸水し椅子の上で食事を取っている」との書き込みとともに、まったく別の写真を投稿。「面白いと思った」と話したが、法的に処罰されると知り「二度としない」と発言を翻した。

(9月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP