ヌード写真で〝三点〟隠さず モデルがカメラマン訴える

台北市に住む女性モデルが、昨春撮影した際の約束を守らずにカメラマンが写真を一方的に公開したとして、このカメラマンを相手取り告訴した。

女性によると、撮影時はヌードであったが、公開時には必ず〝三点〟を隠すことを強調し、約束したものの、ネット上で全裸写真が公開されていたという。女性はカメラマンの行為が「営業機密の盗用」であるとして訴えたが、裁判所は人体が営業機密には当たらないとして不起訴処分とした。

女性が写真を発見した後、カメラマンに詰め寄ったところ、カメラマンは「もう消した、ごめんごめん怒るなよ、食事をおごるから」といった調子で、女性をさらに憤慨させたという。

(5月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP