ナビで「鳳梨酥」検索 農園に突っ込み立ち往生

 

嘉義縣民雄郷のパイナップル農園で、9月9日(土)、20歳代のカップルがカーナビの指示に従い車を走らせたところ、パイナップル畑で立ち往生し警察に救出されるという出来事があった。

カップルは当時、観光で同地を訪れており、名産「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」を買い求めようとカーナビに入力。しかし途中で道路が途切れており、パイナップル畑に入ってしまったという。車のタイヤが土に埋まりスリップ、周囲に人影がなかったことから警察に通報し救助を求め、近隣の住人がショベルカーで車を牽引し、事なきを得た。

2人は「ナビを過信した」と話している。

(9月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台湾中央選挙委員会は4月17日(火)、同性婚反対に関する3つの国民投票案が合法で…
  2. 2016年3月に台北市内湖区で発生した幼女通り魔殺害事件の繰り延べ裁判が4月16…
  3. 労働部職業安全衛生署は近頃、台湾全土にあるドリンクスタンドを無作為に20店抽出、…
PAGE TOP