ナビで「鳳梨酥」検索 農園に突っ込み立ち往生

 

嘉義縣民雄郷のパイナップル農園で、9月9日(土)、20歳代のカップルがカーナビの指示に従い車を走らせたところ、パイナップル畑で立ち往生し警察に救出されるという出来事があった。

カップルは当時、観光で同地を訪れており、名産「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」を買い求めようとカーナビに入力。しかし途中で道路が途切れており、パイナップル畑に入ってしまったという。車のタイヤが土に埋まりスリップ、周囲に人影がなかったことから警察に通報し救助を求め、近隣の住人がショベルカーで車を牽引し、事なきを得た。

2人は「ナビを過信した」と話している。

(9月12日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催…
  2.   待望の2号店!光復南路の隠れ家的レストラン「ピュア・クッチーナ」が…
  3. 屏東縣「墾丁国家公園」敷地内の海岸で7月30日(月)、自殺を試みた40歳代の男性がサンゴ礁の隙間に身…
PAGE TOP