トライアスロン大会で優勝 ノルウェー人選手幸運の帽子

フランスのニースで9月8日(日)に行われたトライアスロンの大会で、優勝したノルウェー人選手が被っていた帽子が台湾の神社のものだったことが注目を集めている。
帽子は彰化縣埔鹽郷にある「順澤宮」が信者らに対し無料で配布しているもの。ノルウェー人選手グスタフ・アイデン氏によると、帽子は先日日本を訪れた際、路上で拾ったという。大会では3時間52分35秒の好成績を叩き出し、アイデン氏は「幸運の帽子だ」と語っている。
またこの帽子が注目を浴び、順澤宮では帽子の購入を希望する人からの問い合わせが殺到しているという。
(9月9日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP