トイレットペーパーの乱 全土で消費者が買い占め

 

3月中旬にトイレットペーパーの市場販売価格が引き上げられるとの噂を受け、台湾全域で消費者による買い占めが横行している。

ネット上では〝トイレットペーパーの乱〟と呼ばれ、スーパーでは売り切れが発生。ネットショッピングサイトでは100パック以上の購入の場合予約を受け付け、消費者が共同購入を呼び掛ける様子も見られる。

台湾経済研究院はこれに対し、生活用品やトイレットペーパーの値上げを近日中に行う予定であるものの、生活費からの支出割合の大きいものではなく、物価の変動もないと発言。行政院消費者保護会も、盲目的な買い占め行為が浪費に繋がると指摘した。

台湾では1970年代にもトイレットペーパーの買い占め騒動があり、国内製紙業に大きな影響を及ぼした。

(2月28日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP