ダフ屋がチケット販売 被害額10万元超に

 

昨年10月に台北市で行われた韓国アイドルグループのコンサートに際し、ネット上で偽物のチケットを販売し5人から5万元余りを騙し取った疑いで、台北市地方検察處は1月17日(水)、犯人の男を起訴した。

検察によるとこの男はこれまでにも複数回に渡りダフ屋行為にて偽物のチケットを販売しており、すでに2件で起訴、今回は3件目となる。被害は20人、10万元超にのぼり、この2件に関しては法廷で審理中。

韓国アイドル、キム・ソヒョンのファンミーティングでは3人からチケット代の半額を前金として受け取り、チケットを渡さなかった。10月のBTS防弾少年團コンサートでは盗撮したほかの客のチケット写真をネット上にアップし、4800、6800元のチところ12100元、14500元にて販売した。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP