タバコの吸い殻で火災 学校火災に賠償57万元

等法院高雄分院は2月26日(火)、タバコのポイ捨てから重大な火災を招いたとして、高雄市に住む男に57万元の賠償金支払いを命じた。
男は2014年、小学校のトイレで喫煙、火が消えていない吸い殻をゴミ箱に投棄。吸い殻から燃え移った火が学校の火災を招き、トイレは全焼、トイレのある2階部分も大きく損傷した。
学校側は100万元の賠償を求め男を起訴していた。
(2月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 気軽で安心! 無痛ヒゲ脱毛鬱陶しいヒゲとオサラバ僕は元々ヒゲが濃い方で、すごくコ…
  2. 1 台中母子殺人案、葬儀場に霊安所設置も訪問者なし 2 セクハラ疑惑の鈕…
  3. 桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏し…
PAGE TOP