タバコの吸い殻で火災 学校火災に賠償57万元

等法院高雄分院は2月26日(火)、タバコのポイ捨てから重大な火災を招いたとして、高雄市に住む男に57万元の賠償金支払いを命じた。
男は2014年、小学校のトイレで喫煙、火が消えていない吸い殻をゴミ箱に投棄。吸い殻から燃え移った火が学校の火災を招き、トイレは全焼、トイレのある2階部分も大きく損傷した。
学校側は100万元の賠償を求め男を起訴していた。
(2月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP