タバコの吸い殻で火災 学校火災に賠償57万元

等法院高雄分院は2月26日(火)、タバコのポイ捨てから重大な火災を招いたとして、高雄市に住む男に57万元の賠償金支払いを命じた。
男は2014年、小学校のトイレで喫煙、火が消えていない吸い殻をゴミ箱に投棄。吸い殻から燃え移った火が学校の火災を招き、トイレは全焼、トイレのある2階部分も大きく損傷した。
学校側は100万元の賠償を求め男を起訴していた。
(2月26日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP