スーパーマリオ36歳 死亡回数262回

 

日本の任天堂ゲームシリーズ「スーパーマリオ」のメインキャラクター「マリオ」が誕生してから7月9日(日)で36年。アメリカの雑誌「WIRED」は、同ゲームのこれまでのプレイ数及びマリオの死亡回数を算出、台湾を含む世界中で話題となっている。

マリオシリーズは36年で20作を発売、累計4億823万個を販売した。同紙の調べによると、国外のプレーヤーが全シリーズにおける各ステージの難易度とプレーヤーの人数及び年齢、レベル、プレイ回数を算出。毎作平均6時間のプレイでマリオが10分当たり1回死ぬと推定し、これまでに累計262億回死んでいると報告した。

(7月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催…
  2.   待望の2号店!光復南路の隠れ家的レストラン「ピュア・クッチーナ」が…
  3. 屏東縣「墾丁国家公園」敷地内の海岸で7月30日(月)、自殺を試みた40歳代の男性がサンゴ礁の隙間に身…
PAGE TOP