スーパーマリオ36歳 死亡回数262回

 

日本の任天堂ゲームシリーズ「スーパーマリオ」のメインキャラクター「マリオ」が誕生してから7月9日(日)で36年。アメリカの雑誌「WIRED」は、同ゲームのこれまでのプレイ数及びマリオの死亡回数を算出、台湾を含む世界中で話題となっている。

マリオシリーズは36年で20作を発売、累計4億823万個を販売した。同紙の調べによると、国外のプレーヤーが全シリーズにおける各ステージの難易度とプレーヤーの人数及び年齢、レベル、プレイ回数を算出。毎作平均6時間のプレイでマリオが10分当たり1回死ぬと推定し、これまでに累計262億回死んでいると報告した。

(7月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP