スーパーマリオ36歳 死亡回数262回

 

日本の任天堂ゲームシリーズ「スーパーマリオ」のメインキャラクター「マリオ」が誕生してから7月9日(日)で36年。アメリカの雑誌「WIRED」は、同ゲームのこれまでのプレイ数及びマリオの死亡回数を算出、台湾を含む世界中で話題となっている。

マリオシリーズは36年で20作を発売、累計4億823万個を販売した。同紙の調べによると、国外のプレーヤーが全シリーズにおける各ステージの難易度とプレーヤーの人数及び年齢、レベル、プレイ回数を算出。毎作平均6時間のプレイでマリオが10分当たり1回死ぬと推定し、これまでに累計262億回死んでいると報告した。

(7月11日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP