シーツ未交換のホテル 謝罪でチキンを贈呈

花蓮市にある4ツ星ホテルにて、使用済みのシーツを交換せずベッドメイクで済ませているのを宿泊客が目撃、ネット上の投稿を受け批判が集中している。

投稿者は19時頃に団体でチェックイン、予約した14室のうち大半が未清掃だった。宿泊客らがドアの外で清掃が終わるのを待っていると、スタッフはシーツや枕カバー、布団カバーなど寝具を換えず、手で叩いて伸ばしたのみだったという。

告発を受けホテル側は8月6日(月)、備品の数量が足りず現在は寝具をすべて新しいものに取り換え、宿泊客にもすでに謝罪し「鹹酥雞(鶏のから揚げ)」をプレゼントしたほか各部屋の宿泊料を100元引きにしたと発表した。

(8月1日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 直輸入の極上黒毛和牛昨年8月、食の激戦区である「東区」に海外1号店をオープンさせた「京昌園」…
  2. 1 台風5号の影響で小琉球など国内13路線96便が欠航2 國…
  3. 高雄に住む女性が、近頃母親に口汚く罵られたとして母親を訴えていた件で、高雄市法院は娘の言い分を認…
PAGE TOP