サトウキビ製ストローに プラスチックレス社会実現

台湾人研究者が開発した、サトウキビを原料としたストローが、近頃カナダ・バンクーバーのサプライヤーと契約したことがわかった。
 
開発したのは11年前にカナダに移住した32歳の台湾人男性。男性が勤める会社では、サトウキビの搾りかすを再利用した繊維を開発、今年10月には量産にも成功している。
 
バンクーバーでは来年6月にもプラスチック製ストローの使用禁止が決定されており、代替品としてサトウキビの搾りかすを再利用したストローが採用される見込み。なおトロントでもドリンクスタンドが同ストローの採用を決めているという。
 
(11月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香ばしい煽り焦がし博多で絶大な人気を誇る元祖泡系豚骨ラーメン「一幸舎」が監修する「博多・幸龍…
  2. 脱・重たいロングヘア明るく軽い夏スタイルに4月に入り、気温もぐっと上がって夏模様…
  3. 1 鴻海・郭台銘が総統選に出馬の意思表明「媽祖が夢枕に」2 著作権法改正…
PAGE TOP