ゴールデンウィークの九份 日本人観光客で溢れ返る

 

日本では4月28日(土)からのゴールデンウィークを利用し、台湾を訪れた旅行客が多く、5月4日(金)には台湾の著名観光スポット・九份が日本人観光客で溢れ返った。

日本では5月1日(火)・2日(水)は平日に当たるが、有給休暇を取得し長期連休として旅行に出る人が続出。中でも福岡空港から台湾へ赴いた人の数が昨年同期比で4割増となった。

一方九份では、道が狭く坂や階段も多いため観光客の事故などを懸念し、新北市警察局瑞芳分局は同日午後、人員を派遣しバス停など交通整理に当たらせた。坂道に立ち並ぶ商店は準備万端で臨んだが、長蛇の列をつくるなど大いに賑わった。

またフライト情報大手機関「OAG」が先頃公開したデータによると「世界で最もフライト数の多い路線ランキング」で香港―台北間が2位だったことがわかった。これは2017年3月~18年2月のデータをもとに算出したもの。香港―台北は1年間で2万3704便を運航しており、1位のシンガポール―クアラルンプールは3万537便。

(5月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP