ゴミ袋に現金150万元 発見者の清掃員、謝礼を拒否

桃園市で清掃員として働く男性が、近頃アパートの集積所に積まれたゴミ袋から現金149万元を発見するという出来事があった。
男性は通常通り市内アパートの集積所で資源ゴミの分別作業を行っていた際、青い紙が散らばった袋を発見。よく見ると本物の紙幣であり、袋にはほかにも大量に入っているのを見てそのまま最寄りの派出所に落とし物として届けた。袋の中の破った書類や名刺などから持ち主を特定し、現金は無事に返却された。
なお男性は自分で稼いだ金ではないとして、1割の謝礼受け取りを辞退している。
(6月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP