ゴミ袋に現金150万元 発見者の清掃員、謝礼を拒否

桃園市で清掃員として働く男性が、近頃アパートの集積所に積まれたゴミ袋から現金149万元を発見するという出来事があった。
男性は通常通り市内アパートの集積所で資源ゴミの分別作業を行っていた際、青い紙が散らばった袋を発見。よく見ると本物の紙幣であり、袋にはほかにも大量に入っているのを見てそのまま最寄りの派出所に落とし物として届けた。袋の中の破った書類や名刺などから持ち主を特定し、現金は無事に返却された。
なお男性は自分で稼いだ金ではないとして、1割の謝礼受け取りを辞退している。
(6月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP